スポンサーリンク

那須で観光ならワールドモンキーパークがおすすめ【意外と穴場?】

monky-park-eyec旅ブログ
この記事は約6分で読めます。
komattakao2-m (5)

動物とのふれあい体験。

子供から
「いつもと違う動物がいい」

って言われたけど…。

 

動物とのふれあい体験

近くの大きな公園等だと
モルモット・ウサギ・ネズミ
ウマ・ウシ・ヒツジ・ヤギ

このあたりが体験できると思います。

 

ではそれ以外の動物にふれあうには?
今回は筆者が毎年行っている
ワールドモンキーパークを紹介します。

 

餌が必要なので入場券のほかに
餌代がかかります
ワールドモンキーパークでは
サルとゾウとインコにふれあえます。

少し不安な方へ
※ちゃんと飼育員さんも同室します。

 

サル部屋の中でサルとふれあえる

ふれあえるサルは3種類

リスザル

小さく活発で懐っこいリスザル。

部屋に入ると
餌を持っているのが分かっているので
すぐに肩に乗って来て
餌を取ろうとします。

risuzaru
部屋に入って1秒で乗ってきます

私も最初に行った時は
急に来ることにびっくりして
あっという間にとられてしまいました。

餌がなくなると
他のものに興味を持って
たまにいたずらしてしまう事も。

私はサンダルの一部を
剥がされたことがあります。

少し注意が必要ですが
手を伸ばせば
そのまま乗ってくることも。

 

ひとつずつ手に乗せてあげれば
手の上で餌を食べてくれる
とてもかわいいです。

 

いたずらをしてしまうせいか
持ち物は携帯以外
あずけることになります。

餌やりふれあい
1エサ¥300円
(家族全員で入れます)
エリマキキツネザル

おっとりとした感じのサル。
一番おすすめです。

「肩に乗って来て餌を取る」
というよりは
「下から登って来て腕まで来る」
といった感じで餌を求めてきます。

erimakikitunezaru1
おっとりとしたエリマキキツネザル

餌がなくなったあとでも
こちらから近くに寄っていって
触っても全く動じません。

一緒に写真を撮るのも比較的簡単です。

erimakikitunezaru2
さわり心地はふわふわです!

第一印象は
何を考えているのわかりにくく
不気味なところもありますが
「家で飼いたくなる」
そんなかわいいおサルさんです。

飼育員さんが同室しなくても
大丈夫な気がするくらい
安心できる感じです。

餌やりふれあい
1エサ¥300円
(家族全員で入れます)

 

ワオキツネザル

しっぽの長いおサルさん。

エリマキキツネザルと同じように
下から登って来て
餌をねだる感じです。

waokitunezaru
エサを持っていると取りに来ます。

活発なリスザルと
おっとりのエリマキキツネザルの
中間くらいの動きのイメージ。

肩にも乗ってきますし
お腹に張り付いてきたりします。

私が行った時には
一匹だけマスクを
引っ張ってしまう子がいる説明を受け
嫁さんが少し引っ張られました。

飼育員さんはその子が分かっているようで
目を見張っていてくれているので
大きな問題にはなりません。

私にはまったく区別できませんでした。

餌やりふれあい
1エサ¥300円
(家族全員で入れます)

 

その他の動物のふれあい

ヘビ

ニシキヘビを肩に巻いて
写真を撮ることができます。

有料となりますが
触れることと、肩に巻くこと
あまり経験できません。

hebi
ビビる素ぶりが微塵もない長女

館内にはふれると「金運アップ」
との張り紙も。

ご利益にあやかる形で
挑戦するのもありかと思います。

 

ヘビの首巻体験+自撮りの写真
1回¥500円
※ふれあえる時間は決められています。

 

ゾウ

サルのふれあいの建物からでると
真っ先にゾウが目に入ります。

zou
乗って~と言わんばかりのゾウさん

 

私はまだふれあっていないのですが
子供達は餌やりを体験しています。

餌やり体験
1回¥500円

 

ゾウさんの背中には乗ることが出来ます。
※別料金となります

 

インコ

餌をあげる形で
鳥小屋に入れます。

小さなシャベルに餌を置くと
小さな黄色いインコが飛んできて
目の前まで来て食べるところを見れます。

innko1
入れ物に入れて餌をあげることが出来ます

手のひらに置けば
手に乗って食べる姿もかわいいです。

innko2
手のひらに集まってきました

あまりにかわいいので
撫でようと羽に手を伸ばすと
振り向かれてしまいます。

羽を撫でられるのは
嫌なのかもしれません。

 

鳥小屋の中には
水色の大型のインコもいます。

innko3
大きいですがおとなしかったです

噛まれたら痛そうなくちばし。
一瞬たじろいだのですが
餌をあげてみると
とても優しくくちばしを使います。

見た目よりもおとなしい印象を持ちました。

 

インコの鳥小屋
とても癒されます。

餌やりふれあい
1回¥100円
(家族全員で入れます)

 

その他の園内

動物の劇場が観られる

一日に3回、劇場で
サルやネコ、オウムなどのショーが観れます。

こじんまりとした劇場で
微笑ましい感じ。

観客もステージに上がることがあるので
手をあげて立候補すれば
一緒にショーに参加できるかも。

 

軽食であれば食事も

私はまだ利用したことがないのですが
モンキーパークでふれあえる
サルの顔の形をした
カレーやパフェがあるようです。

 

ワールドモンキーパーク詳細

営業時間と園内所要時間

WMpark-eigyoujikann
※公式ワールドモンキーパークより引用

開園時間 10:00から
閉園時間 16:00まで。

こちらが基本的な営業時間ですが
大型連休等で多少の前後がある様子。

 

休園は平日水・木曜日が
休園日となることが多いようです。

 

園内所要時間

園内はそれほど広くないので
ショーを見たとしても
2~3時間で回れます。

サルのふれあいはとても魅力的ですが
ワールドモンキーパークだけで
1日過ごすことは難しいです。

 

アクセス


〒325-0001 栃木県那須郡那須町高久甲6146

🚙車でのアクセス 🚙
東北自動車道那須IC下車約10分

🚍公共交通機関でのアクセス🚍
黒磯駅から関東バス那須湯本行きに乗車して
「お菓子の城」または「友愛の森」で下車。
Eコースのバスに乗り換えて
28番「那須ワールドモンキーパーク」で下車。

↓詳しくを見る↓
那須高原観光周遊バス_パンフレット.pdf

※外部のページにアクセスします。

 

近くには
「トリックアート迷宮館」
など魅力的なところもあります。

車での移動がおすすめです。
定価の最大50%OFFのレンタカー

料金

大人(中学生以上)  :2100円
子供(小学生~3歳) :1200円

那須サファリパークと提携しているので
那須サファリパークの入場券があれば
大人1000円、子供500円
の割引が受けられます。

 

費用を低価格で抑えるためには

フリマサイト等で
割引チケットを購入すると
入場料が安く済みます。

まとめ

今回は筆者が毎年行っている
ワールドモンキーパークを紹介しました。

動物にふれあうこと
とても癒されます。

いつもと違った動物と
ワールドモンキーパークで
ふれあってみてはいかがでしょう。

ワールドモンキーパークHP

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

neko-thanks-1

今回はこの辺で。

コメント