【造園施工管理技士試験の記述問題のコツ】植栽経験が浅い人へ

benkyouhouhou-z2-eyec勉強方法
この記事は約3分で読めます。
komattakao-m (6)

建設業に携わっているけど樹木の経験が薄いから…💦

マークシートはともかく記述はピンと来ないな~💦

komattakao-w (6)

模範解答が呪文に見える…( ノД`)

建設業に従事していて、受験資格はあるものの「植栽の経験があまりない」なんてこと、ありませんか?

そのような状況だと模範解答を見て文章で覚えても、ピンと来ない場合もあります。

けど試験に合格しないといつまでも責任者にはなれないし…。

そんな悩みの解決に記述問題のコツを解説します。

 

具体的な対策(支柱の問題)

結論から言うと対策は「実物を見る」ことです。

なぜなら見るだけで文章の意味の理解度が増すからです。

ココがpoint!実際に目で見て理解する

たとえば
過去問題集を解いて「鳥居支柱の留意点を答えなさい」の模範解答のひとつには「丸太を釘打ち鉄線綾割掛け」と書かれていたりします。

植栽の経験が浅いと鉄線綾割り掛け…
「なんのこっちゃ?」ってなりませんか?

結局は理解度が低いまま文言を覚えることになります。
toriisityuu
※鉄線綾割掛け

現代では「八掛け支柱 やり方」と検索すればYouTubeで見れます。

他には
新しい公園に行けば現物も見れます。
yatugakesityuu
※竹、八掛け支柱

「百聞は一見にしかず」と言います。
参考書等でもいいのですが、動画もしくは実物を見たほうがスッと頭に入ります。

効率よく支柱の記述式問題を覚えるには

勉強+αのやり方

問題を解く➡現物を検索してどんな状況か見る➡ポイントとなる材料名などを覚える➡再度問題を解く

この方法で理解がガラッと変わります。

過去5年の支柱に関する記述問題は

令和3年度問題1:(1)ホの問題八掛け支柱の語句記述
令和2年度問題2:(1)ロの問題二脚鳥居支柱の結束方法
令和元年度問題2:(2)ニの問題八掛け支柱の結束、留意事項
平成30年度問題2:(1)ニの問題布掛け支柱の加工、留意事項
平成29年度問題2:(1)ロの問題二脚鳥居型支柱の語句記述

となっています。

どれも
「八掛け支柱 やり方」
「二脚鳥居支柱 やり方」
「布掛け支柱 やり方」
と検索すれば画像も動画も出てきます。

記憶への定着が全然違うのでオススメです。

おまけ(経験記述例)

支柱の記述について書いてきましたが、経験記述も頭を悩ませる問題。

参考までに、記述例の記事も載せておきます。

経験記述例ありの勉強方法記事↓
参考にする

まとめ

今回の話は記述式問題は実物を見て覚えるでした。

よく意味の分からないことを覚えて書くよりも、画像の内容を文字にする方が断然やりやすいです。

ココがpoint!文の丸暗記 < 画像の説明

文章が苦手な方へ
このブログを参考にして合格出来ることを願っています。
過去記事(合格率と勉強方法)も参考にしてみてください。
最後まで読んでくれてありがとうございます。
keko-thankscard
今回はこの辺で。

コメント