スポンサーリンク

1級造園施工管理技士の受験資格と実務経験の注意点

1kyuuzouenn-jukenn-eyec受験資格
この記事は約5分で読めます。

職長として
監督の手伝いも
長くやってきたけど
受験できるかな?

2級は持っているけど
いつ受験できるかな?

建設業に携わって数年。
どのくらいの経験を積むと
1級の資格を受験できるのでしょうか。

neko-!

1級造園施工管理技士の
受験資格と実務経験の
注意点について詳しく見ていきましょう。

1級造園施工管理技士 受験資格

第一検定(旧学科試験)

令和3年度試験から変更となり
以前で言う
「学科試験」
「第一検定」となりました。

同時に受験資格も見直され
2級合格者であれば
第一検定は経験年数にかかわらず
受験可能となりました。

 

実務経験が
指定の年数に達していれば
2級の資格の有無にかかわらず
直接1級から受験可能です。

しかし
2級合格者は条件なしに
受験可能となったため
2級に合格したほうが
実務経験が少なく済みます。

 

例:指定学科以外の学科を
卒業した大学生の場合
直接1級を受けるのに必要年数
=卒業後4年6か月
2級合格後、1級を受けるのに必要年数
=卒業後1年6か月(2級の受験資格)

直接受験するよりかなり短縮できますね。

学歴または資格造園施工に関する実務経験
指定学科指定学科以外
大学卒業者
専門学校卒業者(高等専門士)
卒業後3年以上卒業後4年6か月以上
短大卒業者
高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(専門士)
卒業後5年以上卒業後7年6か月以上
高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者
卒業後10年以上卒業後11年6か月以上
その他の者15年以上
技能検定合格者10年以上
高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者
卒業後8年以上の実務経験(その実務経験に指導監督的経験を含み、かつ5年以上の実務経験後、専任の監理技術者による指導を受けた実務経験を2年以上を含む)
専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者
卒業後8年以上卒業後9年6か月以上(2級造園技能検定合合格者のみ。それ以外は卒業後11年以上)
その他のもの13年以上
2級合格者

※実務経験の年数
試験日の前日まで
の計算となります。

※全国建設研修センターより引用※

技能検定合格者とは、平成16年度以後の1級造園技能検定合格者は1年以上の指導監督的実務経験年数を含む10年以上の実務経験年数が必要。ただし、平成15年度までの合格者は実務経験年数は不要。

詳細の日程はこちら(全国建設研修センターHP)

第二検定(旧実地試験)

令和3年度試験から変更となり
以前で言う
「実地試験」
「第二検定」となりました。

第二検定には実務経験が必要となります。

必要となる実務経験年数は
どんな学科を卒業したかによります。

 

第一検定は2級合格者であれば
実務経験の年数は問われませんでしたが
第二検定は下記の実務経験が必要となります。

この表の実務経験は
「2級合格者として第一検定を受験した」
場合の実務経験です。

※2級を受験せずに
第一検定を受験した場合は
この表は必要ありません。

学歴または資格造園施工に関する実務経験
指定学科指定学科以外
2級合格後3年以上の者合格後1年以上の指導監督的実務経験及び専任の監理技術者による指導を受けた実務経験2年以上を含む3年以上
2級合格後5年以上の者合格後5年以上
2級合格後5年未満の者高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者
卒業後9年以上卒業後10年6か月以上
その他の者14年以上
専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある者2級合格者合格後3年以上の者合格後1年以上の専任の主任技術者実務経験を含む3年以上
合格後3年未満の者短大卒業者
高等専門学校卒業者
専門学校卒業者(専門士)
卒業後7年以上
高等学校卒業者
中等教育学校卒業者
専門学校卒業者
卒業後7年以上卒業後8年6か月以上
その他のもの12年以上

※実務経験の年数
試験日の前日まで
の計算となります。

つまり、
第一検定までは
実務経験が少なく受験できますが
第二検定は
しっかりとした実務経験が必要となります。

ここが新しく出来た
「技士補」の資格が
有効になってくる部分ですね。

詳しくは下記記事を参照してください↓

施工管理技士の技士補って?その受験資格など変更点は?
施工管理技士の技士補についてとその受験資格はを解説していきます。また、一部問題が変更となっているところを解説します。

指定学科とは

指定学科とは
国土交通省令で定められている学科です。

補足注意点(実務経験の注意点)

実務経験での注意点

街路樹の伐採や草刈りは
造園工事には当てはまりません。
注意してください。

 

願書の提出には会社印が
必要になります。

必ず会社に確認して
疑問を感じた実務経験は避けて
確実な実務経験を
記入するようにしましょう。

 

最後に、願書を提出前に
必ずコピーを取っておきましょう。

「第二検定」の試験で
経験記述があります。

願書で記入した工事
経験記述として必要となります。

まとめ

令和3年度から
受験資格が見直され
2級合格者であれば
「第一検定」
のみの受験が可能となりました。

これによって今後合格者は
増えていくと思われます。

それだけでなく
変更点のページで詳しく説明しますが
「第一検定」に合格するだけで
「技士補」という資格を
得られるようになりました。

マークシート式の試験合格で
有資格者になれる
これは大きな変化です。

既に整備されている
公園の遊具は老朽化が進んでいき
再整備時期がせまっていることと
新しい技術を伴ったものが出てきています。

 

また、樹木は生き物の為
適宜剪定や植え替えなどの管理が
必要なものもあります。

 

そのため需要はまだまだある資格です。
受験資格のチェックが出来たら
勉強方法を見て受験に備えていきましょう。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

neko-thanks-tati1

今回はこの辺で。

コメント