スポンサーリンク

施工管理技士の技士補って?その受験資格など変更点は?

eyecatch-hennkoutenn変更点
この記事は約4分で読めます。

施工管理技士に
新しい資格が出来たって?

受験資格が緩和された
って聞いたけど?

試験問題が一部
変更になったらしいね。

令和3年度から
施工管理技士の試験は受験資格が
大きく緩和されました。

それに伴って
施工管理技士の資格に
「技士補」という新しいもの
が誕生しました。

いったいどんなもので
「技士補」を習得するには
どうすればいいのかを解説していきます。

施工管理技士 技士補とは

技士補ってどんな資格?

business_man3_1_question

技士補は令和3年度から
新設された資格です。

「第一検定」に合格することで
「技士補」となり
「第二検定」に合格すると
「技士」となります。
※第一検定=旧学科試験
第二検定=旧実地試験
となりました。

簡単に言うと
マークシートの選択問題に合格すると
有資格者になれる訳です。

 

※名称の変更に伴って
一部試験問題の
出題傾向が変わっています。

改正前
施工管理法が実地試験で出題された。
改正後は
施工管理法も第一検定で出題される。

 

改正前はこの資格がなく
学科試験に合格しても
学科試験に受かっただけの
無資格でした。

いまいちテンションが
上がらなかったわけです。

この資格が出来たことによって
第一検定に合格すれば
有資格者になれるので
モチベーションを保ちやすくなった
といえるでしょう。

技士補の特徴

1級の施工管理技士補に限ってですが
技士補を現場に配置することで
監理技術者が2現場を兼任
できるようになりました。

分かりやすく表にしてみました。

改正前
監理技術者監理技術者
専任で1名専任で1名
現場A現場B
監理技術者(○○施工管理技士)が2名必要
改正後
監理技術者1名が現場A・Bを兼任できるようになった
1級〇〇技士補1級〇〇技士補
専任で1名専任で1名
現場A現場B
技士補を専任で現場に配置することで
監理技術者(○○施工管理技士)が1名で良くなった

 

他には
第一検定の免除期間が無制限
となった点も大きいです。

こちらもまとめてみました。

改正前
学科試験 合格・実施試験 不合格
翌年1年間は学科試験免除
※翌年の実地試験に合格しないと
再来年にはまた
学科試験から受験し直しだった。
改正後
第一検定検定 合格・第二検定 不合格
無制限で第一検定免除
※この年の第二検定に合格しなくても
無期限で第二検定から受験できる。

つまり第一検定に合格してしまえば
マークシートの問題を
再度勉強する必要がなくなったわけです。

技士補になるための受験資格

1級の場合

「技士補」に絞っていえば
第一検定の受験資格となります。
つまり
2級合格者は条件なし
受験することが可能となりました。

2級を受験せずに
直接1級を受験する場合は
実務経験が必要となります
土木・造園の受験資格については下記参照。

  • 一級土木の第一検定の受験資格はこちら
  • 一級造園の第一検定の受験資格はこちら

2級の場合

「技士補」に絞っていえば
第一検定の受験資格となります。
つまり17歳以上
であればどんな人でも
受験可能となっています。

  • 二級土木の第一検定の受験資格はこちら
  • 二級造園の第一検定の受験資格はこちら

補足(試験問題の変更点)

改正前は施工管理法が
実地試験で出題されましたが
改正後は施工管理法も
第一検定(旧学科試験)
で出題となっています。

具体的には
穴埋め形式の選択問題
が出題されています。
※マークシート式

まとめ

令和3年度より
新しく追加された「技士補」。

いままでは
「学科のみ合格者」
が資格になったことで
非常に取得しやすくなっています。

特に2級に関しては
17歳以上であれば受験可能なので
ものづくりに興味のある方には
足掛かりとして受験する価値は
大いにあるはずです。

今後は若い技士補が
増えていくことは間違いないです。

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

keko-thankscard

今回はここまでです。

 

コメント