スポンサーリンク

造園施工管理技士の仕事内容と特徴は?

zouenn-ai種類
この記事は約3分で読めます。

施工管理技士のなかで
造園施工管理技士ってどんな人?

他の施工管理技士との違いは?

具体的になにするの?

建設業に従事してないと
どう区別されているか
何のことかわからないと思います。

造園施工管理技士とは?

neko?2
詳しく見ていきましょう。

造園施工管理技士とは

造園施工管理技士ってどんな人?

zouenn-1

造園工事の管理をする人です。

国家試験に合格することで
なることができます。

造園施工管理技士の管理する
工事の大きな特徴として
生き物である樹木を扱うこと
が挙げられます。

植栽の土壌、土質に加え
移植から堀取り
植え付け、剪定まで
すべてが管理対象です。

よく庭師さんと
混同されたりしますが
施工管理技士は
実際に施工するよりも
手配や手続きなど
管理を行う人ですので
少し違います。

また
樹木や自然石は
向きや方向があるので
他の資格より
経験や感覚が必要となる
傾向があります。

他に、造園工事は
「庭園」「公園」「緑地」
などの場所で行われます。
公園内の滑り台やブランコなどの
遊具の設置や撤去も
工事管理範囲となります。

「公園」内に
野球場や競技場トイレがあれば
グラウンド整備から水道設備まで
すべて工事管理対象となります。

 

この資格には1級と2級があり
管理できる金額に差があります。

1級は金額に上限がなく
2級は金額に上限があります。

1級保有者は「監理技術者」
2級保有者は「主任技術者」
となることが出来ます。

1級と2級、どちらも合格することで
「社会保険労務士」
受験資格を得ることが出来ます。

 

↓具体的に造園施工管理で管理可能な工事の種類↓

28種類 造園-1
28種類 造園-2

他の施工管理技士との違いは? (土木施工管理技士との比較)

zouenn-2

土木工事施工管理技士と全く同じ
工事内容を管理することもあるので
間違いやすいです。

例えば
アスファルト舗装工事や
道の縁石排水工事など
全く同じ工事を管理しますが
「どこ」で工事を行うか
によって区別されています。

造園工事は
「庭園」「公園」「緑地」
などの場所で行われます。

ですので同じ縁石の工事でも
「公園」で縁石を並べれば造園工事
「道路」で縁石を並べれば土木工事
なるところが違いとなります。

まとめ

今回は造園施工管理技士
について解説してきました。

施工管理の中の「造園」の内容と
他の種類との違いを
分かっていただけたと思います。

人々の暮らしには
自然の緑と癒しとなる
公園が欠かせません。

 

7種類の違いをよく把握して
自身が何を作りたいのかを
理解したうえで
資格取得を目指して頑張りましょう。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

neko-thanks-1

コメント