施工管理技士(現場監督)の仕事環境。(年収ってどのくらい?)

nennsyuu建設業の日常
この記事は約7分で読めます。

工事現場の求人って給料いいよね。

土曜も日曜も働いてるんじゃないの?

もしくは残業まみれなんじゃない?

 

とにかく、ツラい、キツい
のイメージが強い建設業界。

前回は休日について
解説していきました。

前回記事はこちら↓

施工管理技士(現場監督)の仕事環境。(休日はどのくらい?)
施工管理技士(現場監督)の仕事環境、休日はどのくらいあるものなのか、筆者の経験をもとに解説していきます。

 

今回は給料のお話をしていきます。

 

実際には
「どのくらいの時間」
「週に何日くらい働いて」
「どのくらい給料」
をもらっているのか。
panda-5

筆者の経験をもとに解説していきます。

施工管理技士(現場監督)の年収はどんなもの?

woman_question

施工管理技士(現場監督)は
どのくらい給料をもらっている?

 

答えを先に言うと

毎年業績によって差はあるものの
500~600万
くらいです。

 

 

これは勤務先の会社によって異なると思います。

また、肩書や経験によっても変わります。

あくまでも筆者の場合の話なので
参考程度に捉えてください。

 

今回は施工管理技士を取り巻く環境のひとつである
給料について解説していきます。

全国平均ではどのくらい?

改めて、筆者の年収は
どのようなものなのか。

全国平均を調べてみました。

「現場監督 年収」と検索して
トップサイト⇒こちら(外部サイトとなります)

年収483万が平均のようです。

平均より多いじゃん!と思いきや
筆者は神奈川で働いているので
各都道府県の神奈川県を見てみると
…520万!平均のようですね。

 

会社の規模としては中小企業
…大きくもなく、小さくもなく
…中企業に当たると思います。

資格のあるなし

money4
建設業は資格のあるなしで大きく変わってきます。

 

法令で有資格者と無資格者で
出来ることがはっきりと分かれているからです。

また、有資格者には点数が付けられており
外部からの評価として
会社のランク付けに貢献できる
といった点でも資格のあるなしで待遇が変わってきます。

例えば
2級土木=1点、1級土木=2点。

  • Aの会社は合計○○点なのでランクB
  • Bの会社は合計△△点なのでランクC

といった具合です。

このランク付けに会社の実績が付属して
公共工事の入札資格が格付けが行われています。
(もちろんこれだけがすべてではありません)

どの業界でも資格のあるなしは
重要と思いますが
建設業は顕著に出る気がします。

 

また取得されていない方は
資格の取得をまず目指しましょう

 

⇒受験資格

⇒勉強方法

 

言うまでもなく
資格によって年収は変わってきます。

 

現在の会社の前の会社では?

筆者は転職組です。

現在の会社にも転職してきました。

以前の会社は?

同じ建設業の会社で
同じように土木も造園も行っていましたが
今の会社より土木色の強い会社でした。

以前の会社をA、今の会社をBとして話を進めていきます。

 

A社には全くの未経験で入社しました。

右も左も分からない状態。

ですが、現場監督見習いとして
雇っていただけました。

4月に入社したのですが
6月に2級造園の試験があり
実務経験を積んだこととして
受験までさせてもらいました。

生活が困窮するくらいの給料だったので
選択肢に「不合格」
というものはなく
「受かるしかない」状況でした。

見事合格しましたが
合格発表が年明けになっていること
資格が使えるようになるのは
翌年の4月以降ということもあり
給料に変化が生じたのは次の年からです。

初年度の年収は300万くらいだったと思います。

その後
2級造園➡2級土木➡1級土木➡1級造園

と毎年合格していくわけですが
経験と資格を積み重ねていった結果
4年目の年収は450万前後だったと思います。

そして数年後
現在の会社に転職していきました。

辞めるときに社長が言っていたのは
「ウチは給料安いからなぁ」でした。


どうやら1級の資格を二つ持って
経験5年で450万前後は少ないようです。

 

筆者のように一級の資格を二つ以上保有して
同程度もしくはそれよりも低い年収の場合は
転職を視野に入れたほうがよさそうです。

 

↓転職先を探すには(すべて無料です)↓

本当に自分に合った仕事がしたい。
初回面談2時間以上も。
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

最短2週間のスピード内定。内定率86%!!
関東圏での転職を探すなら。
納得いく就活を徹底サポート!【キャリアスタート】

 

↓現在の会社を辞めにくい場合↓

まずは無料相談から。
依頼日当日から出社の必要がなくなります。
退職できなかったことは一件もなし!


退職代行
ちなみにですが
A社では
「現場での残業」と「休日出勤」
は別で支給されていました。

「休日」は月に6日
祝日は「平日扱い」でした。

基本的に土曜日はほぼ出勤だったので
毎月「休日手当」つきました。

今考えると確かに
「残業」と「休日手当」
がついてこの年収は少ないですね。

当時は疑うこともなく
ただただ働いていましたね。

B社には「有資格者」と「経験者」として入社しました。

造園をもっとやっていきたい
との思いで転職を考えていました。

A社が嫌で辞めるわけではなかったので
結構強気に出れました。

転職の交渉で
「A社よりも年収をあげること」
をもって戦えたのは大きかったと思います。

B社では初年度から年収は上がりましたが
中途半端に肩書をつけられたため
残業と休日出勤の手当てはつかなくなりました。

それでも年収が上がる
…B社さまさまなのか
A社がブラックよりだったのか。

現在の年収が全国平均
ということは……なのでしょう。

 

残業と休日出勤をした場合の手当ては?

残業と休日出勤の手当てが付くかどうかも
会社によるところが大きいです。

 

何より
「休日」の概念に差があるからです。

でもそれでは何も解決しないので
現在の会社の若い子たちはどうなのかを書いておきます。

 

まず初めに「休日手当」から

休日出勤手当はつきます。

土曜日・祝日の出勤につき別に手当として入ります。

 

次いで「残業」について

こちらも当然つきます。

ただし、月に20時間を
はじめから見越して払われています。

月の残業が20時間より少ない場合は給料も減ります。
多い場合は…半強制的に帰らさせられます。

 

ただし
B社では1月~3月の繁忙期は
月40時間の残業代と倍に考えられています。

実際ここはそれでも足りないくらいです。

40時間を超えた場合も当然払われます。

法定残業ぎりぎりまで働くと
入社2年目の若い子でも月給は
筆者と大差なくなったりします。

 

※労働基準法では:休日労働を含む、複数月平均80時間までは可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は年収について話していきました。

もちろん会社によって違うのは当然のことですが
会社を選べる立場にあるかどうかは大きいです。


それにはまず資格は必須となって来ます。

⇒受験資格

⇒勉強方法

 

年収が全てではありませんが
多い人や多い会社は
それに応じた仕事量を要求さられるものです。

少なすぎるのは問題ですが
年収と仕事量のバランスを考えて
働く環境を整えていく事が大切だと思います。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
thanks-2

今回はこの辺で。

コメント